ホーム 最新情報 情報技術センター 画像情報応用 教育研究 データ FAQ アクセス サイトマップ リンク

西表島周辺の最新のひまわり画像
東海大学情報技術センター/宇宙情報センター



気象衛星ひまわりが観測した西表島周辺の最新の熱赤外画像(温度の低い所が明るく表示されている)
画像の説明:
・気象衛星ひまわり(MTSAT)に搭載された熱赤外センサ(IR1:10.3-11.3μm)が観測した画像です。ここでは温度が低いところほど明るく見えるように処理してあります。このため、温度の低い雲は昼夜にかかわらず白く見えます。黒く見える領域はほぼ晴れている領域と見なすことができます
・画像の右下に黄色字で書かれている日時はMTSATの観測開始時間をグリニッジ標準時GMTで示したものです。例えば02:32GMTは+9時間とすると日本標準時11:32JSTとなります。

気象衛星ひまわりが観測した西表島周辺の最新の可視画像
画像の説明:
・気象衛星ひまわり(MTSAT)に搭載された可視センサ(VIS:0.5-0.9μm)が観測した昼間の画像です。夜の画像は掲載しません。
・画像の右下に黄色字で書かれている日時はMTSATの観測開始時間をグリニッジ標準時GMTで示したものです。例えば02:32GMTは+9時間とすると日本標準時11:32JSTとなります。観測時間によって全球観測か阪急観測が行われています。
・東海大学では東海大学宇宙情報センターで受信・処理された最新のMTSATデータを、インターネット経由で東海大学情報技術センターに転送し、このホームページにしています。

過去の西表島周辺のMTSAT画像(2010.10.16~)

kcho@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
Updated every one hour